スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しみ&悩み。。。

今日も仕事でした。。。
疲れたぁー!







タイトルのまず、
私の楽しみからリボン







ふーてんの…


この画像と、



ふく




この画像



てん


を使って、「ある物」を作成してもらっていますパンダ



出来上がりが楽しみです♪
あ~
早く届かないかなぁ~

届きしだい、アップしようと思っています!!

楽しみ~おんぷ






さて…

次は最近の「悩み」です。。。





その悩みとは…



ふーちゃんの避妊手術について。


今月の24日にワクチンの時に診察してもらった時の事、


うちのかかりつけの先生の奥様がふーちゃんの胸を見てとても驚いていました。。。



「こんな、毛玉になるまでオッパイ気にして舐める子、初めて見ました…」




前回のヒートが8月の後半。
9月の前半位まで少し出血が続き、完全にヒートが終わったのが10月に入るまで。


そのあと、乳腺が腫れ、少しの母乳が出てました。


ふくの性格上、「気になったらとことん!」ですから
ヒート中の出血も母乳も少し出ているだけでもず~っと舐めていました…。


そして、胸には大量の毛玉さん達…。




私達はもう見慣れているので「すごい」とは思いませんでいた。

でも、今まで数え切れないほどのわんこを診察してきた
先生や奥様が驚くのだからよほどすごいのだと思います…。




避妊手術をすれば高齢になった時の
「子宮蓄膿症」や「乳腺腫瘍」などの病気も罹らずに済みます。
(リスクがないわけではない)

「子宮蓄膿症」の場合、ヒート中に出血が気になって舐めてその唾液から
菌が入り罹りやすくなるようです。

「乳腺腫瘍」は高齢になるとかなり(ほとんど)の子が良性、悪性関係なく患うようです。
(もちろん、全く罹らない子もいますが…)



7歳位からリスクが上がり、早い子では5歳になってすぐ罹る子もいるようで…




ふくは今、4歳。

来年の7月がきたら5歳になります。




こんな話を聞いたらもちろん心配になってしまって…。



先生に
「もっと早く避妊すれば良かったね…」
、と言われました。

私達も今まで全く頭になかったわけではありません。


子供産ませないなら手術しようか…
将来の病気予防の為にしようか…
などなど。。。





女の子の手術には1泊させなきゃならない…

お腹、切るのが心配…

分離不安のふくが手術後帰ってきて精神的に心配…

この様な点が手術をさせるかどうか不安な要素なんです。。。




てんちゃんの時は男の子だし
出てるの取るだけ、日帰りで出来る。などで直ぐ決意できたのだと…




でも、悩んでる間にもふくは年とってるんですよね…。



本当に悩みます。


皆様のブログにお邪魔すると手術してる子多いんですよね。

パパと十分話し合って結果を出したいと思います。

将来、後悔しないように。
ふくにとって一番良い方を選びたいと思います!!




応援ちてね~
ポチっとハート

にほんブログ村 犬ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 犬 2頭飼いへ
にほんブログ村
ありがとうございました~!






スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。